2005年12月31日

再生が正常復帰したようです

Digital Audio Player でmpeg方式で録音するようになってから、再生が正常に戻ったようです。右側の"DL" でも再生の三角ボタンでもどちらでも正常に再生されます。

ロマン派

今年最後ということで、気分を変えてメンデルスゾーンの一部を録音してみました。
どうやらロマン派の方がバッハ、ベートーヴェンよりも私には合っているような気もします。何となくのびのびと、水を得た魚のような気分です。
来年はより骨太な音楽を目指して、苦手も克服していきたいものです。









posted by Viol at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メンデルスゾーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

シャコンヌ 今年最終録音?

シャコンヌを再度録音してみました。楽譜(シェリング版)どおりバスも繰り返し重音で弾くようにしてみました。こちらの方が重厚になりますが、どちらがいいのでしょうね?
多少は練習の成果が出たのか、若干音が厚くなってきたようです。やっとスタート地点に立てたという感じです。この曲はライフワークとして取り組んでいこうと思います。

posted by Viol at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バッハ シャコンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デタッシェその2

デタッシェの練習も兼ねて、↓を継続的に練習していこうと思います。来年の今頃にはずっと響きが継続するような、厚い音が作れればと願っていますが。。。

音質

↓のような曲ですと比較的自分のイメージに近い音が出るようになってきました。すると今度はそのイメージ自体が貧困だということが露呈します。いたちごっこですね。なるべく実演でいい音をたくさん来年は聞くようにしたいと思います。

デタッシェ

目下の最大の課題は安定したデタッシェです。来年は何とかこの薄っぺらい音から脱却して豊かな音に近づきたいものです。特に↓のような曲でその欠点が露呈するので、逆に重点的に取り組んでいきたいと思います。ミュートナシの生の音を出す機会を増やさないといけないですが。。。



2005年12月29日

生の音での練習

会社が休みに入ったので昼間からミュートなしで弾いていました。やっぱり生の音で練習しないといけないなぁというのを改めて感じた次第です。ミュートをつけていても左手や、右手でも綺麗な音を出す練習まではできるのですが、音色を変えたり、迫力のある音を出す練習がどうしてもできません。

モーツァルトやハイドンの四重奏をちょっと練習しているのですが、そういう表情の変化がないと非常に平板になってしまうので、何とかしたいところです。来年は朝練しかないかも!?
posted by Viol at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

モーツァルト 弦楽四重奏

ここ2-3ヶ月室内楽をよく聴きますが、最近はモーツァルトの弦楽四重奏曲にはまっています。最近聴いて特に印象に残っているのが アマデウス弦楽四重奏団 の演奏する弦楽四重奏曲全集のCDです。甘美で上品で、なおかつ緊張感溢れる演奏に強く惹かれました。この全集にはかの有名なディベルティメントも入っているですが、「こんな曲だったかな?」というほど生命感に溢れた名演です。これも限定版だったらしく現在は廃盤になっているのは何とも残念です。

四重奏団もアルバンベルクを境にすごく現代的になってきていると思います。ハーゲンなどは非常に繊細な表現でこれも好きなのですが、どうも透明感が強すぎてなじめません。

最近は輸入版のスコアなども大分安くなりましたね。モーツァルトの弦楽四重奏についてはたった\2000で全曲版が出ています。amazon.co.jp の\250ギフト券があったので送料込みで\1750。これで全曲が楽しめるのですからいい時代になったものです。これで正月も退屈することなく過ごせるでしょう。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0486223728/qid=1135695636/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-2732350-5525051
posted by Viol at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

1回の本番は。。。 その2

先日「1回の本番は。。。」と書いたのですが、有言実行ということで12/25に急遽人前でバッハのSarabandaを弾いてきました。やはり収穫大でした。気がついたことがいくつかあったのでメモすると、

1. 出だしが肝心。しっかりイメージして確実に入らないと大きく印象を損ねる。終わりも重要。

2. 表現は大げさに。やりすぎかなと思うくらいで聞いている方にはちょうどいい。

3. フレーズの切れ目で呼吸を深く取り、変わり目がはっきり分かるようにする。

4. 余計なことを考えずに音楽に集中する

5. お客さんのペースではなく、自分のペースを守る。家で弾いているときの状態を細部まで再現する。チューニング、立ち方、下半身の使い方など、レッスンや演奏会では余所行きになりがちなので注意。

今後も最低月に一度はソロや室内楽をどんな小規模でも人前で弾くようにしたいと思います。
posted by Viol at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

カプリス No8 譜読み

カプリス No8の譜読みです。カプリスも難しい曲とそうでもない曲の差が結構あり、No8はかなり難しく思われます。とりあえず音取りなので全然曲になっていませんが、正月休み明けくらいまでには一応形にしてみたいと思います。

カプリスはやはり全曲一通りきちんとやらないといけないと思います。カプリスが弾けなければ他の曲が弾けないかというとそんなことも無いのですが、これをやっておくことによって他の曲を弾く際の余裕が全然違ってくるため、音楽の中身まで踏み込むことが可能になると思います。

カプリスそのものもとても美しい曲が多いので単なる練習ではなく、いずれ人前でもきちんと弾けるようにしたいものです。



posted by Viol at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パガニーニ カプリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。