2006年01月10日

頭の中で音楽を作るには?

昨日カプリスのカプリスの17番を録音していたところ、あることに気がつきました。
練習時には何も考えずにスラスラ弾ける速いパッセージが、録音するとなると何回か弾いてもつっかかるのです。おかしいなと思って少し考えたのですが、どうやら問題は頭の中にあったようです。

つっかかるところは速くて細かいのでポジション取りと、いくつかの音だけを意識していて、あとは指の間隔で弾いていたのです。それで練習時にはできてもいざ録音となって状況が変わると急に音が出てこなくなっていたようです。一度一音一音を確認して頭の中で鳴るようにしてからはつっかからなくなりました。

ヴァイオリンの演奏というのは頭の中で音楽を構築し、それを体で楽器に伝えて音を出し、耳で確かめて瞬時のうちに軌道修正し、同時に先の音楽を作っていく、、、と言う繰り返しかと思います。そのうちの「体で楽器に伝えて音を出す」方法論というのは世の中に溢れていますね。右手はこう、左手はこう、など、具体的な情報が書籍やネット、あるいは先生の指導などでもきちんとした情報を得ることができます。

ところが、それ以外の過程についてはなかなか体系的な情報というものは見つからないようです。というよりもかなり個人的、内的な過程なのでそもそも体系化できないのかもしれません。ソルフェージュとか楽曲分析というのともまたちょっと違って、もっとプリミティブな、音楽を組み立てる作業です。一般的にはいろんなエチュードや曲を個別に勉強する中で必然的に蓄積されていくノウハウなのかもしれませんが、上手い人とそうでない人を分ける決定的な要素というのもここにある気がしますのでもう少し体系的な工夫で個人的には何とかしたいところです。

カプリスで言うと、一音一音を感じるのではなく、音の塊で捉えてみるとか、シチリアーノならシチリアーノでその感じを出しながら音をはめていくとか、少しずつはトライしているのですがなかなかうまくいかないものですね。しばらく重要な検討課題として考えてみたいと思います。



posted by Viol at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

シャコンヌ 通奏

シャコンヌを通奏してみました。去年よりはましになっていますが、まだまだ「シャコンヌが弾けます」というにはほど遠い状態です。ひたすら音程を磨き、音色を磨き、歌い方を考える、を長期間続けていくしかなさそうです。特に重音が連続する際の右手の研究が必要のようです。肩から指先まで、関節を総動員して、場面に応じたクッションを作っていかないと思ったように声部を鳴らすことはできないようです。







posted by Viol at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | バッハ シャコンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No.7, No.17 初録

No.7 とNo.17を初録音してみました。どちらも難しいですが、特にNo.7の中間部の三重音が連続するところを滑らかに弾くのが至難の業ですね。No.17の方はフィンガードオクターブの連続が死にそうですが、これが何とかなれば曲になりそうです。

とりあえずは何を弾いているかは辛うじて分かるレベルからのスタートになりましたが、これも2年くらいかけて何とか曲にしたいものです。









posted by Viol at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | パガニーニ カプリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

初レッスン

先日今年初のレッスンに行きました。年末年始のミュートナシでの練習の成果か、脱力はだいたいできているが、今度はその状態で重みを増していくことが必要とのこと。まぁ同時にいくつもの段階はクリアできないので最低限スカスカな音は脱したということでとりあえずは納得しておきましょう。

引き続き生音で練習してこれを発展していきたいと思っていたところやはり仕事が始まると全くそんなわけにはいかず二歩後退。土日でまた回復できるかな?

カプリスNo8の壁はやはり厚く、音程をかなり直されました。途中で弾いていて分からなくなりそうな状況もあり、まだまだ全然ダメだなぁとガッカリしてしまいました。数年かけての長期戦になりそうです。やはりこういうものは心身ともに柔軟で吸収力のある子供時代にやってしまわないと非常にキツくなりますね。こんな歳になってしまってからでもちゃんと弾けるようになるのかどうか、ある種実験的な努力になりそうです。

その点バッハの方はこういう軽業師的な技巧は要求されないため、大人なりのよさが出せそうな気もします。
posted by Viol at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

偶然の発見2

そういうことを考えながらバッハのGigaの練習に入りました。この曲は12/8拍子ですので通常はメトロノームを1小節12拍か、4拍に分けて設定して練習していたのですが、今日は間違えて1小節6拍で何となく弾き始めてしまいました。せっかくだからとそのまま進んだのですが、これがなかなか面白いのです。4拍でやると、1拍の後半の音が多少崩れても頭で合わせられるのでラクなのですが、6拍でやると1拍の最後まできちんと数えていないと崩れてストップしてしまいます。

通常の4拍子の曲で、ウラ拍にメトロノームをセットする練習はときどきやっていますが、更に発展してこういう変拍子的なセットの仕方をすると更に効果がありそうです。今日少し練習しただけでも6連符の粒が揃い、生きた音になってきました。

文章で書いただけでは分かりにくいのでそのうち録音をアップしてみます。
posted by Viol at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偶然の発見1

今日は偶然の発見が2つもありました。

1つは、自分のweb上の演奏をMedia Playerで再生して聞いてチェックしていたところ、ちょっと席をはずした隙に子供がいたずらで「2倍速」ボタンを押したのです(デフォルトが1.4倍の表示になっているので実際には4-5割り増しの速さ)。ちょうどメンデルスゾーンの一楽章を再生しているところでしたが、ハイフェッツも顔負けの速度になりました(音程は変わらず。)すると、それだけでとてもダイナミックな、生き生きとした演奏に聞こえるのです。

「これは面白い」と思っていくつかの録音を同様に2倍速再生してみたところ、バッハのCorrente, Giga, Prelude などは自分が頭の中に描いている理想像にかなり近い状態になりましたが、メンデルスゾーンの2楽章やバッハのシャコンヌ、Sarabandaなどゆったりとした曲については当然へんてこりんな感じになりました。

ここで思ったのが、曲にとってテンポ感とかスピード感というのが音程やリズムと同等あるいはそれ以上に演奏の印象に影響を与えるということでした。「どうも音楽が変だな」と感じていたのは自分の音楽性の欠如もさることながら、練習のためにテンポをゆっくりにして弾いていることもかなり大きな要因となっているのだなぁと改めて思いました。今の精度と表現でも本当のin tempoで弾けばそこそこ聞ける演奏にはなる、ということで方向性は間違っていないと少し安心したのでした。Preludeなどは特に、更に一つ速度を上げて5倍速にしてちょうどよいくらいです。

ただし、現在の精度を維持してテンポをアップする、というのが相当難しいので、ガムシャラに練習する以外にどうするか考えていかないといけないのが頭の痛いところです。不正確でも速く弾く練習も取り入れてみようかと思います。

ご自分で演奏を録音されている方、「2倍速」を試してみてください。

posted by Viol at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

クロイツェル10番

先日アップしたクロイツェル10番の再録です。ご指摘のあった一拍目の音にややアクセントをつけています。

これも肩当てナシで、ポジション移動の際も肩を上げたりすること無く移動するようにしましたが、跳躍が大きくなると左手の支えが甘くなる傾向にあるようです。

posted by Viol at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | クロイツェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポジション移動

昨日、ポジション移動の基礎がおろそかになっていると書きましたが、早速Sevcik op8でチェックをしました。左手の支え(右手とのバランス)が重要なので、ためしに肩当てをはずしてより欠点が分かるようにしてみました。

やはりかなりいい加減な移動の仕方をしていたようで、移動に伴って楽器がガクッと下がったり、横に動いたりします。音程も決まりません。肩当てがあれば顎と肩でその間は支えるので表面的には問題なく見えますが、やはり左手の支えがいい加減になると右手とのバランスが崩れ、音作りに非常な悪影響を及ぼしますし、不安定な移動によって音程やリズムが崩れることがしばしば起きてしまいます。セブシックの状態でこうなのですから曲がちゃんと弾けるはずもありません。

今日はNo.1-15まで続けて弾いてみたのですが、下記のような点に特に気をつけて今後練習する必要がありそうです。

1. Guiding Fingerの意識を徹底する。移動した先の押さえる指ではなく、Guiding fingerの音程を決めることがまず先決。特にポジションを降りる際にいい加減になりやすい。

2. Guiding Fingerと押さえる先の指が入れ替わる場合は(1-2-1のように)Guiding Fingerに先の指を引き寄せて入れ替える

3. 移動する際には楽器を上げるくらいの意識を持たないと下がってしまう。

4. 親指の位置決めに最新の注意を払う。ビブラートが最もかかりやすいような位置が基準

5. 移動後の音程に注意

6. 右手がポジション移動に影響されないように。単に開放弦を弾いているような感覚で弾く

要はポジション移動したのかどうか分からないようにスムースに、体の他の部分に影響を及ぼさないようにすることが究極の目標ですね。

ちなみに下記が録音です。より実践に近づけるためと、親指の位置を決めるためにビブラートをかけています。

posted by Viol at 17:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の目標

あけましておめでとうございます。昨年このサイトを見ていただいた皆様、今年もよろしくお願い致します。極めて個人的かつマイペースなページですが、細々と続けていきたいと思っています。

今年の目標は皆さん人それぞれだと思いますが、何とか少しでも目標に近づきたいものですね。私の今年の目標はこんな感じです。

1. 基礎技術を磨き上げる。いい加減になっている基礎をもう一度見直し、できるだけ欠点を無くしていく。

2. 音色のバリエーションを増やす。そのためにもまずfのしっかりとした厚みのある、輝かしい音を作る。

3. パガニーニ、カプリス全曲の譜読みをきちんと終える。ゆっくりでも確実に全曲弾くことができ、そのうちの何曲かは人前でサラッと弾けるような状況が理想。

ここまでが技術的な目標で、音楽的には

4. 室内楽の機会を増やし、音楽の作り方を学んでいく

5. 数多くの演奏会に足を運ぶ

6. 曲の構成、フレージング、アーティキュレーションなどにもっと気を使い、奥行きのある音楽を創っていく

くらいかと思います。これらを実行することでバッハのシャコンヌ等もある程度音楽にしていきたいと思っています。どこまでできるかは全く分かりませんが、現時点よりも少しでも向上できればいいなという感じです。

posted by Viol at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

ポジション移動

いろいろ録音して分かったのですが、ポジション移動の基本がおろそかになっていたために音程やリズムに乱れが生じていたようです。セブシックop8できちんと作り直していきたいと思います。

来年はこういうような足腰の部分を強化して現在の低い次元から何とか脱却できればと願っています。

では、皆さんよいお年を!
posted by Viol at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。