2007年01月06日

音階

次に音階です。玉木先生著の革命的音階練習、と言う教本と、山岡先生著の音階教本を使っています。前者は一つの調の始まりの音を変えていくという練習ですが、一見簡単そうで、結構やっかいです。頭が疲れますがそれが狙いと思われます。一瞬気を抜くともう間違えてしまいます。

後者は一つの調について4つくらいのフィンガリングがあり、どれもスムースに弾けるようになるのは結構大変そうですが、必要なことなのでしょう。音階というのはモロに欠点が露呈しますね。録音をすると更にそれが浮き彫りになります。やはり録音は必要ですね。







posted by Viol at 17:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 音階 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。