2006年04月09日

不協和音

最近弦楽四重奏をやっています。録音はしていなかったのですが、やはり精度と音楽性に自信がないため、1st Vnパートを録音してみました。





音取り状態とはいえ、テンポが遅すぎるため躍動感が全くなくなってしまっているようです。次回はもう少し速くしてみようと思います。それにしても、リズム感が薄いのでもう少し拍の意識を強く持たなくてはいけないようです。f, pの差についても、単に音量で頑張るというよりは表現上の差をもっとつけないといけないようです。
posted by Viol at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | モーツァルト 室内楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。