2006年05月15日

本番

5/13(土)にソロの本番がありました。

にもかかわらず多忙で先週1週間平日は深夜残業続きで全く楽器を触れない状態に陥り、冷や汗ものでした。当然録音準備する余裕などもなく、辛うじて弾ききったという感じです。

GW中にある程度練習したために大体予想のレベル近くまで来ていたので、これはいけると思っていたのですが、最後に落とし穴が待っていた感じです。

しかしながら、1週間での技術の低下は微々たるもので済んだようです。理由としては

1. 技術の低下が気づかないほど耳が鈍化した?

2. 楽器に起因する体の疲れが取れてかえってよく動くようになった?

とここまでは不確定要素ですが、一つある程度実感できる理由として、音階練習を直前から復活させていたことがあるようです。目減りが最小限にとどまるにはやはり体系的な練習が効果的と実感した次第です。こちらのブログでいただいたコメントが実際に役立ちました。続けてみるものですね。
posted by Viol at 19:24| Comment(8) | TrackBack(1) | チゴイネルワイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

チゴイネルワイゼン 通し

チゴイネルワイゼンを通しで録音してみました。多少形にはなってきましたが、特に後半がいつ崩れてもおかしくない、本番に耐えられないような状態です。回数をこなすしかないような気もします。特にハーモニクスの確率が低すぎ。もっと1指と4指の圧力の差をつけないといけないようです。







posted by Viol at 23:12| Comment(7) | TrackBack(0) | チゴイネルワイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

チゴイネルワイゼン

チゴイネルワイゼン全曲を録音してみました。前半は大分正確に弾けるようになってきたようです。今後はもっともっと表情をつけて、チゴイネルワイゼンらしくしていきたいと思います。

後半はやはりまだかなり音が抜けたりします。











右手と左手がバラバラになりやすく、どうにも上手くいきません。そこで、メトロノームで再度ゆっくりから始めたのですが、原因が分かりました。速いという意識が強すぎ、慌てるばかりで拍の意識がきちんとしていなかったようです。再度符割を確認しながら進めたところ、今後の見通しが見えてきました。



posted by Viol at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チゴイネルワイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

チゴイネルワイゼン後半の録音

後半を録音してみました。やはり右手と左手が噛み合っていないところが多いようです。またゆっくりから、正確にやり直しですね。特にスピッカートを切れ味鋭くやるのがかなり難しいようです。



posted by Viol at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | チゴイネルワイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

チゴイネルワイゼン 冒頭

前回の録音がどうもダイナミズムに欠けていたため、多少正確性を無視してでも
思い切って弾いてみました。少しずつはよくなってきているようです。

posted by Viol at 19:44| Comment(4) | TrackBack(0) | チゴイネルワイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

チゴイネルワイゼン 後半の半分

後半の半分を録音してみました。右手と左手のタイミングがずれていて、切れが全くない演奏になっています。この曲の場合は正確性よりも勢いが大事とは言え、このまま速くしていくと何を弾いているか分からないような状態になるので、またゆっくりから少しずつやっていこうと思います。この後、曲の最後まではハーモニクスや左手のピチカートなども出てきて、どんどん難しくなりそうです。

posted by Viol at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | チゴイネルワイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。