2006年05月15日

本番

5/13(土)にソロの本番がありました。

にもかかわらず多忙で先週1週間平日は深夜残業続きで全く楽器を触れない状態に陥り、冷や汗ものでした。当然録音準備する余裕などもなく、辛うじて弾ききったという感じです。

GW中にある程度練習したために大体予想のレベル近くまで来ていたので、これはいけると思っていたのですが、最後に落とし穴が待っていた感じです。

しかしながら、1週間での技術の低下は微々たるもので済んだようです。理由としては

1. 技術の低下が気づかないほど耳が鈍化した?

2. 楽器に起因する体の疲れが取れてかえってよく動くようになった?

とここまでは不確定要素ですが、一つある程度実感できる理由として、音階練習を直前から復活させていたことがあるようです。目減りが最小限にとどまるにはやはり体系的な練習が効果的と実感した次第です。こちらのブログでいただいたコメントが実際に役立ちました。続けてみるものですね。
posted by Viol at 19:24| Comment(8) | TrackBack(1) | チゴイネルワイゼン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本番は、お疲れさまでした〜
社会人はつらいですよね、、優先順位の高い他の用事が容赦なく。
でも、そんな中でも日頃の体系的な基本が大切だったというお話、私には「基本」そのものが難しくて(ある時は曲よりも)、その上に積み上がる何か、、を実感しにくいのですが、
そのとおりだなあと思いました。

私は秋の発表会でドッペルをやるのですが、そのためにd-mollの基礎を集めた課題が設定されました。
じっくり取り組む良い機会になればと思っています。

チゴイネルの録音聴けなくて残念です〜
Posted by nobara at 2006年05月18日 23:09
本番は、お疲れさまでした〜
社会人はつらいですよね、、優先順位の高い他の用事が容赦なく。
でも、そんな中でも日頃の体系的な基本が大切だったというお話、私には「基本」そのものが難しくて(ある時は曲よりも)、その上に積み上がる何か、、を実感しにくいのですが、
そのとおりだなあと思いました。

私は秋の発表会でドッペルをやるのですが、そのためにd-mollの基礎を集めた課題が設定されました。
じっくり取り組む良い機会になればと思っています。

チゴイネルの録音聴けなくて残念です〜
Posted by nobara at 2006年05月18日 23:09
2回行ってしまいましたー
いっこ消して下さいませ!!すみません。
Posted by nobara at 2006年05月18日 23:11
こんにちは。
一度書き込みした事のあるゆうゆうです。
演奏会お疲れ様でした。本番聞けなくて残念です。本番は暗譜ですか?
ちなみに私の出ている発表会は大人のための演奏会で皆譜面みてます・・・。
それから、突然なのですが、左指の爪、どのくらい短く切ってますか?
私は左右で指の形が変わるほど短いです。
あるとき気がついて短くして弦に触れる箇所を一定にしたら驚くほど音程が安定しました。
今更なにいってんだー、なんていわないでくださいね。
Posted by ゆうゆう at 2006年05月25日 22:06
nobaraさん

お返事遅れてすみません。まぁいろいろ反省点はありましたが、とにかく本番をやることに意義があるという感じでした。完全に弾けるまで貯めておいても永久に弾けないし、多少のリスクがあってもやることで結果的にはよくなりますね。

ドッペル、頑張って下さい!
Posted by Viol at 2006年05月26日 14:26
ゆうゆうさん

書き込みありがとうございます。本番は忘れた場合に備えて楽譜だけは一応置いていましたが、実質は暗譜でした。この曲の場合、楽譜を目で追いながらだと逆に弾けないですね。

左指の爪ですが、上部の白い部分が見えるか見えないかくらいで切っています。それ以上の深爪はちょっと怖くてできないですね(笑)ゆうゆうさんはもっと短いですか?
Posted by Viol at 2006年05月26日 14:30
私も同じくらいです。少しでも長くなると今は弾けませんね。
私は7月にサンサーンスの協奏曲の3番の1楽章を弾く予定です。
チゴイネルワイゼンもいいなと思っていたのですが、右腕のテクニックで苦労しそうなのでこちらにしました。スラースタッカートが苦手なんです。
でも、サンサーンスも左指が廻りません・・。
今とっても苦しい思いをしてます。
両方とも十代の頃、挫折を味わったんですけど・・・懲りないものです。
violさんとは室内楽でご一緒させてもらったら、楽しめそうな感じがします。って勝手におもってます。
これからも、頑張ってください。
Posted by ゆうゆう at 2006年05月31日 03:16
ゆうゆうさん、コメント見落としていてすみません。

サンサーンス、とてもいい曲ですね。美しい響きです。是非2楽章もやってみて下さい。でも左手の動きは結構厄介で、大変ですね。ご成功を!

サラサーテはヴァイオリニストだったためか、弾きにくいところはあまりないですね。手もとても小さかったらしいので10度とか出てきませんし。
Posted by Viol at 2006年06月24日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Repin and Golan play Zigeunerweisen
Excerpt: Vadim Repin ワディム レーピン Violin チゴイネルワイゼン サラ サーテ Vadim Repin and Itamar Golan playing in Buenos Aires..
Weblog: Classic music clips
Tracked: 2007-09-30 07:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。