2006年01月09日

シャコンヌ 通奏

シャコンヌを通奏してみました。去年よりはましになっていますが、まだまだ「シャコンヌが弾けます」というにはほど遠い状態です。ひたすら音程を磨き、音色を磨き、歌い方を考える、を長期間続けていくしかなさそうです。特に重音が連続する際の右手の研究が必要のようです。肩から指先まで、関節を総動員して、場面に応じたクッションを作っていかないと思ったように声部を鳴らすことはできないようです。







posted by Viol at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | バッハ シャコンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11499525

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。