2006年01月02日

偶然の発見2

そういうことを考えながらバッハのGigaの練習に入りました。この曲は12/8拍子ですので通常はメトロノームを1小節12拍か、4拍に分けて設定して練習していたのですが、今日は間違えて1小節6拍で何となく弾き始めてしまいました。せっかくだからとそのまま進んだのですが、これがなかなか面白いのです。4拍でやると、1拍の後半の音が多少崩れても頭で合わせられるのでラクなのですが、6拍でやると1拍の最後まできちんと数えていないと崩れてストップしてしまいます。

通常の4拍子の曲で、ウラ拍にメトロノームをセットする練習はときどきやっていますが、更に発展してこういう変拍子的なセットの仕方をすると更に効果がありそうです。今日少し練習しただけでも6連符の粒が揃い、生きた音になってきました。

文章で書いただけでは分かりにくいのでそのうち録音をアップしてみます。
posted by Viol at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。