2005年12月29日

生の音での練習

会社が休みに入ったので昼間からミュートなしで弾いていました。やっぱり生の音で練習しないといけないなぁというのを改めて感じた次第です。ミュートをつけていても左手や、右手でも綺麗な音を出す練習まではできるのですが、音色を変えたり、迫力のある音を出す練習がどうしてもできません。

モーツァルトやハイドンの四重奏をちょっと練習しているのですが、そういう表情の変化がないと非常に平板になってしまうので、何とかしたいところです。来年は朝練しかないかも!?
posted by Viol at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。