2005年12月25日

カプリス No8 譜読み

カプリス No8の譜読みです。カプリスも難しい曲とそうでもない曲の差が結構あり、No8はかなり難しく思われます。とりあえず音取りなので全然曲になっていませんが、正月休み明けくらいまでには一応形にしてみたいと思います。

カプリスはやはり全曲一通りきちんとやらないといけないと思います。カプリスが弾けなければ他の曲が弾けないかというとそんなことも無いのですが、これをやっておくことによって他の曲を弾く際の余裕が全然違ってくるため、音楽の中身まで踏み込むことが可能になると思います。

カプリスそのものもとても美しい曲が多いので単なる練習ではなく、いずれ人前でもきちんと弾けるようにしたいものです。



posted by Viol at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パガニーニ カプリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。