2007年01月06日

再アップ

なぜか一部しか再生されないようですのでもう一度貼り付けます。

posted by Viol at 18:09| Comment(37) | TrackBack(6) | バッハ シャコンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャコンヌ(一部)

年の初めということでシャコンヌを一部録音してみました。やはり腕の衰えのせいで音楽になっていませんが、これ以上悪くなることはないということで記録として残しておきます。来年の今頃は少しはよくなればいいのですが。



これを録音後、やはりかなりのリハビリが必要ということで、クロイツェル34をやってみました。重音を弾く際に両方の弦にきちんと均等に重みが乗り、コマからの距離も適切で、かつ移弦や弓の返し(特に3重音等)の際に音が一瞬抜けたりかすれたりしないようにする必要があります。



その後シャコンヌに戻ってみたところ、若干よくなったようです。クロイツェル34は継続的に練習してみようと思います。ビブラートまで自由にかけられるようにしたいです。

posted by Viol at 17:52| Comment(5) | TrackBack(1) | バッハ シャコンヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンデルスゾーン2楽章

音階を一通り重音まで練習した後、久々に録音してみました。ビブラートのかかりが悪く、不規則ですね。今年はビブラートも一からやり直しが必要のようです。あと、長い音符の音価が相変わらずいい加減。これではいけないですね。

posted by Viol at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メンデルスゾーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音階

次に音階です。玉木先生著の革命的音階練習、と言う教本と、山岡先生著の音階教本を使っています。前者は一つの調の始まりの音を変えていくという練習ですが、一見簡単そうで、結構やっかいです。頭が疲れますがそれが狙いと思われます。一瞬気を抜くともう間違えてしまいます。

後者は一つの調について4つくらいのフィンガリングがあり、どれもスムースに弾けるようになるのは結構大変そうですが、必要なことなのでしょう。音階というのはモロに欠点が露呈しますね。録音をすると更にそれが浮き彫りになります。やはり録音は必要ですね。







posted by Viol at 17:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 音階 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リハビリ開始

録音しながらのリハビリを開始しました。まずはセブシック。指の筋肉、特に小指の衰えが激しいため、たった1小節の16分音符すら音の粒が揃わなくなっています。ここから立て直さないと曲どころではないですね。今年は少しずつでも続けていこうと思います。



posted by Viol at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | セブシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。