2006年01月10日

頭の中で音楽を作るには?

昨日カプリスのカプリスの17番を録音していたところ、あることに気がつきました。
練習時には何も考えずにスラスラ弾ける速いパッセージが、録音するとなると何回か弾いてもつっかかるのです。おかしいなと思って少し考えたのですが、どうやら問題は頭の中にあったようです。

つっかかるところは速くて細かいのでポジション取りと、いくつかの音だけを意識していて、あとは指の間隔で弾いていたのです。それで練習時にはできてもいざ録音となって状況が変わると急に音が出てこなくなっていたようです。一度一音一音を確認して頭の中で鳴るようにしてからはつっかからなくなりました。

ヴァイオリンの演奏というのは頭の中で音楽を構築し、それを体で楽器に伝えて音を出し、耳で確かめて瞬時のうちに軌道修正し、同時に先の音楽を作っていく、、、と言う繰り返しかと思います。そのうちの「体で楽器に伝えて音を出す」方法論というのは世の中に溢れていますね。右手はこう、左手はこう、など、具体的な情報が書籍やネット、あるいは先生の指導などでもきちんとした情報を得ることができます。

ところが、それ以外の過程についてはなかなか体系的な情報というものは見つからないようです。というよりもかなり個人的、内的な過程なのでそもそも体系化できないのかもしれません。ソルフェージュとか楽曲分析というのともまたちょっと違って、もっとプリミティブな、音楽を組み立てる作業です。一般的にはいろんなエチュードや曲を個別に勉強する中で必然的に蓄積されていくノウハウなのかもしれませんが、上手い人とそうでない人を分ける決定的な要素というのもここにある気がしますのでもう少し体系的な工夫で個人的には何とかしたいところです。

カプリスで言うと、一音一音を感じるのではなく、音の塊で捉えてみるとか、シチリアーノならシチリアーノでその感じを出しながら音をはめていくとか、少しずつはトライしているのですがなかなかうまくいかないものですね。しばらく重要な検討課題として考えてみたいと思います。



posted by Viol at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。