2006年01月01日

クロイツェル10番

先日アップしたクロイツェル10番の再録です。ご指摘のあった一拍目の音にややアクセントをつけています。

これも肩当てナシで、ポジション移動の際も肩を上げたりすること無く移動するようにしましたが、跳躍が大きくなると左手の支えが甘くなる傾向にあるようです。

posted by Viol at 17:45| Comment(2) | TrackBack(0) | クロイツェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポジション移動

昨日、ポジション移動の基礎がおろそかになっていると書きましたが、早速Sevcik op8でチェックをしました。左手の支え(右手とのバランス)が重要なので、ためしに肩当てをはずしてより欠点が分かるようにしてみました。

やはりかなりいい加減な移動の仕方をしていたようで、移動に伴って楽器がガクッと下がったり、横に動いたりします。音程も決まりません。肩当てがあれば顎と肩でその間は支えるので表面的には問題なく見えますが、やはり左手の支えがいい加減になると右手とのバランスが崩れ、音作りに非常な悪影響を及ぼしますし、不安定な移動によって音程やリズムが崩れることがしばしば起きてしまいます。セブシックの状態でこうなのですから曲がちゃんと弾けるはずもありません。

今日はNo.1-15まで続けて弾いてみたのですが、下記のような点に特に気をつけて今後練習する必要がありそうです。

1. Guiding Fingerの意識を徹底する。移動した先の押さえる指ではなく、Guiding fingerの音程を決めることがまず先決。特にポジションを降りる際にいい加減になりやすい。

2. Guiding Fingerと押さえる先の指が入れ替わる場合は(1-2-1のように)Guiding Fingerに先の指を引き寄せて入れ替える

3. 移動する際には楽器を上げるくらいの意識を持たないと下がってしまう。

4. 親指の位置決めに最新の注意を払う。ビブラートが最もかかりやすいような位置が基準

5. 移動後の音程に注意

6. 右手がポジション移動に影響されないように。単に開放弦を弾いているような感覚で弾く

要はポジション移動したのかどうか分からないようにスムースに、体の他の部分に影響を及ぼさないようにすることが究極の目標ですね。

ちなみに下記が録音です。より実践に近づけるためと、親指の位置を決めるためにビブラートをかけています。

posted by Viol at 17:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 基礎練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の目標

あけましておめでとうございます。昨年このサイトを見ていただいた皆様、今年もよろしくお願い致します。極めて個人的かつマイペースなページですが、細々と続けていきたいと思っています。

今年の目標は皆さん人それぞれだと思いますが、何とか少しでも目標に近づきたいものですね。私の今年の目標はこんな感じです。

1. 基礎技術を磨き上げる。いい加減になっている基礎をもう一度見直し、できるだけ欠点を無くしていく。

2. 音色のバリエーションを増やす。そのためにもまずfのしっかりとした厚みのある、輝かしい音を作る。

3. パガニーニ、カプリス全曲の譜読みをきちんと終える。ゆっくりでも確実に全曲弾くことができ、そのうちの何曲かは人前でサラッと弾けるような状況が理想。

ここまでが技術的な目標で、音楽的には

4. 室内楽の機会を増やし、音楽の作り方を学んでいく

5. 数多くの演奏会に足を運ぶ

6. 曲の構成、フレージング、アーティキュレーションなどにもっと気を使い、奥行きのある音楽を創っていく

くらいかと思います。これらを実行することでバッハのシャコンヌ等もある程度音楽にしていきたいと思っています。どこまでできるかは全く分かりませんが、現時点よりも少しでも向上できればいいなという感じです。

posted by Viol at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。